【生姜たっぷりカレーをご紹介する前に】

【生姜たっぷりカレーをご紹介する前に】

前回、なんちゃってタンドリーチキンをご紹介させて頂きましたが、
本日はインド風カレーをご紹介。

と、行きたいところなんですが、
簡単にインドのカレーに関して私の思う事を書かせて頂きます。

前回一般的に日本人の持つインドカレーのイメージが
ちょっと違うという節の事を書かせて頂きましたが、
カレーにおいてもそう思うところがあります。

ざっくり言うと、インドも広いので、
北インドと南インドでは、カレーの作り方も違いますし、
インド人にはベジタリアンも多いので、
マトンが多様されているというイメージもちょっと違和感を感じます。

あと、バターチキンカレーも、低所得の一般家庭では
そんなに作っているところはないんじゃ無いでしょうか。。。。。

そして、肝心のカレーですが、皆さんは味の決めてはスパイスだと
お思いかと思いますが、それよりも、分量で大事なのが
「油」と「塩」なんじゃないかと思うんです。

インド人からレシピを教えてもらったカレーレシピなんですが、
とにかく、油と塩の量が半端無いです。

で、帰国して、油と塩の量を抑えて作ってみたんですが、
まーこれが、味気ない事。

スパイス自体レッドペッパー以外は、
味が無いので、スパイスの量を多くしても、
インドの味には到達しなかったんです。

何回も本場の味を再現しようと試みたんですが、
結果、塩と油を大量に入れる。

これが、インドの味に近づく最短のものでした。

で、更にインド料理では、
カレーと一緒にライムと生のタマネギが出て来ます。
それをかじりながら、カレーを食べる。

そんな、日本人からしたら「え?」と思える食べ方が
まかり通ってたりします。

理由を聞いてみても、「この食べ方が美味しいんだ」
と言うばかり。

きっと、油分と塩分が高い料理なので、
血がどろっとしない様に、生のタマネギを一緒に食べるんでしょうね。

でも、この組み合わせが、あの辛さに合うんです。

もう一つ、インドカレーは辛いイメージがあると思いますが、
あれは塩分とチリペッパーの量で決まります。
特に、辛いのが苦手な人はチリペッパーを入れなければ問題ありません。

最後に、スパイスですが、
最低限のカレーに必要なスパイスは以下の5つ
ウコン(ターメリック)
クミン
コリアンダー
チリペッパー
ガラムマサラ

これくらいあれば問題ないと思います。
更に言うと、ガラムマサラは複数のスパイスの調合ですから
これと辛さの基準となるチリペッパーだけでも
正直問題ないんです。

インドの低所得の家庭では充分なスパイスを購入する
お金もないので、日本人がびっくりするくらい
少ないスパイスで調理している家庭も多いです。

スパイスの調合もそんなに気負いする事無く、
えい!ってな風に入れてもそんなに問題ないです。
(チリペッパーだけは辛くなるのでご注意を)

何度か、本格風インド料理を友人達に食べさせてみましたが、
油と塩たっぷりの料理を、みんな美味しい美味しいと食べていたので
きっと、この作り方で問題ないんだと思います。

次回は、汁無しカレー、サブジのレシピを公開させて頂きます。

お楽しみに〜〜〜




●amebloはコチラ
facebook

●google+はコチラ
twitter