生姜の保存(保存庫の様子)

みなさんは、収穫された生姜がどのように保存されるかご存知ですか?

通常夏に収穫された生姜は新生姜として出荷されるのですが、
秋に収穫した生姜は一旦寝かせます。

その寝かせている場所がこちら。

DSC_0205

山あいに防空壕見たいな横穴を堀り、
そこに数カ月保存するんです。

ちょっと見えにくいですけど、
ここだけで数十トンの生姜が保存されています。

高さとしては150センチくらい積み上げられているでしょうか。
天井までびっしりです。

で、奥はこんな感じです。

DSC_0227

天井に、金具の様な物が見えますか?
これは放水設備なんです。

この生姜の保存庫の中は室温15度、湿度90%に保たれています。
生姜もっとも長持ちする環境がこの状態なのですが、

放水設備は、その環境を作るための設備なんです。

余談ですが、生姜の事を「囲生姜(かこいしょうが)」と言う人がいるんですが、
この寝かせると言う行程が、囲うという表現になったのではないかという説があります。

また、「ねしょうが」とも言う人がいますが、
寝かせることから、寝生姜と思われている方も多いかもしれませんが、
こちらは根生姜が正解です。
根っこの方ですね。

余談でした。。。。

え〜〜〜話を戻しまして、

11月に収穫した生姜をこの保存庫の中に入れる理由は、
冬が寒すぎて、そして乾燥するからなんです。

ここで、生姜を寝かせることで、生姜は色づいてきます。
新生姜の様な白っぽい色から、だんだんを皆さんがご存知の茶色い色に変化して行きます。

DSC_0216

そして、夏になると、今度は横穴の中も温度が上がってくるので
室温15度、湿度90%に設定した冷蔵庫に生姜を移動させます。

こうして、生姜の出荷は年中可能になり、
皆さんの食卓に並ぶ訳なんです。


新生姜があったり、
生姜を一旦寝かせたり
保存する事によって、年中出荷できたりと
ちょっと特殊な生姜。

このせいで、生姜の「旬」というものが曖昧なんです。
個人的には春先の生姜が一番美味しいと思うのですが、
一番売れるのは冬なんですね。

なかなか理解されづらい生姜ですが、
今日はちょっとでも理解して頂けましたでしょうか。

さて、さて、最後に、収穫後の寂しい畑の画像でさよならです。
今年も後わずかですが、引き続き宜しく御願い致します。

DSC_0234




●amebloはコチラ
facebook

●google+はコチラ
twitter