【新生姜とひね生姜の他にも生姜が!!】

【新生姜とひね生姜の他にも生姜が!!】

皆さんが良く知る生姜の種類として
「新生姜」と「ひね生姜」があります。

この2つはご存知の方も多いかと思いますが、
もう一つあまり流通しない生姜があります。

それが、「親生姜(種生姜)」です。

熊本県小川町で取れる生姜の収穫時期は11月。
種付けは5月に行ないます。
DSCF0277

その「親生姜」というものは
写真の新生姜の下にあるの茶色い生姜です。

この親生姜から新生姜が生まれ
そして分化して増えて行きます。

皆さんが新生姜と読んでいるのが、
この穫れたての白い部分の生姜のことを言い、

この生姜を湿度を保った保温庫で1~2ヶ月保存することで
DSCF0246
スーパーで良く目にする様な「ひね生姜」になります。

収穫後、貯蔵された生姜は一定の湿度と温度で保存され
一年を通して各家庭の食卓に並びます。

流通している生姜の多くは
「新生姜」と「ひね生姜」
ということで、「親生姜(種生姜)」あまり流通していません。

ただ、農家の方がおっしゃるには
「ひね生姜や新生姜よりも「親生姜」の方が
辛み成分が強い様な気がする」とのこと。

※あくまで個人としての意見です
※学術的な根拠はありません。

ということで、現在ジンジャーファクトリーでは
「親生姜」を使ったシロップを仕込んでいる最中です。
出来上がりましたら、皆さんにご報告させて頂ければと思います。

▼新鮮な生姜のお買い求めはこちらから
http://ginger-factory.net/shouga.php”

▼種生姜のお買い求めはこちらから

種生姜

▼生姜の育成状況をみんなと共有したいのであれば「生姜部」へどうぞ

生姜部

▼新生姜の情報はこちらから

新生姜

次に新生姜のシロップが頂けるのも
来年の夏になります。
お求めの際は是非お早めに。

それでは、寒くなってきましたので
お身体に気を付けてください。

「あなたのココロとカラダを温めたい」
ginger-factory.net




●amebloはコチラ
facebook

●google+はコチラ
twitter