高知県の生姜農家さんを見学してきました。その2 〜四万十編〜

その1はこちらです。

2日目は四万十に向かいます。
四万十市と四万十町とあるのですが四万十町の方ですね。

DSC_0314

高知の方に「今日は四万十に行ってきたんですよ」
と話すと

高知県民の方「あ〜窪川町ね〜」
なんて返してきます。

窪川町と大正町と十和村が合併して今の四万十町
が出来たらしいのですが、高知の人には窪川町の方が馴染みがあったりするみたいですね。

お約束の四万十川の眼鏡橋です。
とっても癒やされます。

生姜の畑もちゃんと行ってきましたよ。
DSC_0248

生姜の収穫もちょっとだけ見せてもらいました。
DSC_0216

DSC_0223

貴重なお話も聞かせて頂き満足して
お昼ご飯です。

四万十のおおひらさん
facebookはこちらです。

DSC_0380

DSC_0386

あまりに店内とベランダから見える景色が素敵過ぎて
思わず食事の撮影を忘れてしまいました。

食事も、美味しすぎたので食べるのに夢中だったかもしれません。汗。

DSC_0396 (1)

午後も農家さんを回ります。

DSC_0393

みてください。立派な生姜です。

DSC_0417

DSC_0495

高知の生姜は「土佐一(とさいち)」という品種が主流みたいです。
昭和50年代に高知県で育成された「土佐一号(とさいちごう)」から
選抜された品種といわれています。

他の品種と比べ、成長が早く、辛味が強いのが特徴のような気もしますが
これは私の主観です。




●amebloはコチラ
facebook

●google+はコチラ
twitter