【生姜の磨り下ろし方・切り方】

生姜の磨り下ろし方・切り方

kirikata400
最近「生姜」の質問を頂く様になったのですが、
本日はその中でも質問の多い
「生姜の磨り下ろし方・切り方」についてです。

生姜をよく見てみよう

皆さんは生姜を磨り下ろしている時に
繊維が気になったことは無いでしょうか?

当たり前の事ですが、生姜には繊維があります。
一見無作為に見える繊維ですが、
その繊維にも実は規則性があるんです。

生姜の皮を良くご覧下さい。

表面に線があるのがわかりますか?
生姜の筋はこの線に垂直に伸びています。

kiri01

こんな風にです。
  ↓

kiri02

この表面の線に沿って包丁を入れると
繊維の断面が見えます。

kiri03

生姜の断面を見比べてみると一目瞭然です。
平行に切った時は、繊維の断面の丸いポツポツが見えますよね。

ちなみに、「ガリ」という言葉は生姜を切る時に
「ガリ、ガリ」いうからという説があります。

筋に対して平行に包丁を入れると「ガリ、ガリ」いいますが、
垂直に入れると意外とスムーズに切れたりします。

生姜の切り方

DSC_0731

繊維に逆らわずに切ると切りやすいのはわかりますよね。

生姜の千切りをする場合は、
最初に生姜の背中をそぎ落としときます。

IMG_0836 (1)

すると、まな板に置いた時も転がりにくくなります。

IMG_0837

そして、筋に逆らわない様に、
表面の線に垂直に包丁を入れていきます。

IMG_0838

生姜のすりおろし方

生姜のすりおろし方も筋に逆らわない。

IMG_0798

表面の線に垂直に摩り下ろすと筋に逆らわないので
摩り下ろしやすいかもしれません。

また、筋を取り除きたい時などは
長い筋のまま取り出せる確率も高くなるので
この方法が掃除もしやすいです。

まとめ

つまり、スムーズに切ったり、擦りおろしたい時は
「筋に対して垂直」に切ったり、磨り下ろしたりすると
すると結構簡単に出来ます。

「包丁の入れ方によって辛みが変わるんですか?」
という質問も頂いたのですが、
確かに包丁の入れ方にも多少違いはあると思いますが、
それよりも、生姜の部分によって辛みが違う様に感じます。

これは数値で立証している訳ではありませんが、
比較的皮に近い部分であったり、
包丁を入れた時に、若干堅く感じる部分などが
生姜の部分でも辛み成分が強い様な気がします。

もちろん調理法、食材との組み合わせによって
味はいくらでも変わりますので、
奥が深いものではありますけどね。

Ginger Factoryでは無農薬の生姜を100gから販売しております。
▼新鮮な生姜のお買い求めはこちらから

http://ginger-factory.net/user_data/shouga.php

▼種生姜のお買い求めはこちらから

種生姜

▼生姜の育成状況をみんなと共有したいのであれば「生姜部」へどうぞ

生姜部

▼新生姜の情報はこちらから
sin0008

あなたのココロとカラダを温めたい。
ginger-factory.net




●amebloはコチラ
facebook

●google+はコチラ
twitter