生姜が主役のチーズダッカルビ


今回も生姜料理研究家
「川口かな江」さんからご投稿頂きました

チーズ1

【川口かな江さんの情報はこちら】

三重県四日市市でイタリア家庭料理とお菓子を中心としたKitchen Ciao!(キッチンチャオ)という料理教室をやられています。レッスンの情報などは、下記のページからご覧ください。

▼Kitchen Ciao!さんの公式HPはこちら
http://kitchenciao.wix.com/kitchenciao

▼Kitchen Ciao!さんのamebloはこちら
http://ameblo.jp/kitchenciao/

▼Kitchen Ciao!さんのfacebookはこちら
https://www.facebook.com/kitchenciao?

今回はチーズタッカルビ!

『タッカルビ』

タッ は 鶏肉 を意味します。

カルビ は骨付き肉のはずですが

今は骨なし鶏もも肉が主流な気がします。

(韓国語 かじったことがあるので どうしても意味が気になる)

それに甘辛な下味をつけて

野菜と共に炒めたものです。

そこに仕上げ段階にチーズを入れて

チーズフォンデュの様にして食べるのがチーズタッカルビ。

去年位からずっと流行ってますね♪

チーズが入ることでマイルドになりますし、

お子さんも好きな味になります。

フライパン一つで作れて、肉も野菜も乳製品も取れるのがいいですね。

チーズ2

本来生姜は下味にしか入れないようですが

今回は生姜の薄切りを具として入れてみました。

そしたらホックリして美味しかったーー!




じっくり加熱しているので辛くありません。

良かったらお試しください。

【生姜が主役のチーズダッカルビ】

チーズ3

鶏もも肉   2枚

キャベツ   中1/6個

にんじん   中1/2本

玉ねぎ    中1/2個

生姜     大1かけ

ごま油   大さじ1

溶けるチーズ  適量

【下味】 

コチュジャン 大さじ2

韓国唐辛子 小さじ1 (日本産の場合は小さじ1/4)

醤油     大さじ2

酒      大さじ1

砂糖     大さじ1/2

生姜     すりおろし1かけ(30g)

1.鶏もも肉は余計な脂肪を取って一口大に切っておき

 下味の材料を全部混ぜておく

2.キャベツは一口大に

 にんじん、たまねぎ、しょうがを薄切りにしておく

チーズ4

3.フライパンにごま油をひき、

火をつける前にキャベツ、にんじん、たまねぎ、

その上にお肉、しょうがを乗せて蓋をし

中火で10分ほど蒸し焼きにする

チーズ5

4.お肉に火が通ったら蓋を開けて軽く水分を飛ばし

中央部分を丸く開け、そこに溶けるチーズを入れてもう一度蓋をして

チーズを溶かす

5.チーズが溶けたら出来上がり

つけながら召し上がってください

生姜がほくほくして美味しいでしょ?

このレシピは 何度も作り直していったら どんどんシンプルになりました。

最初はにんにくも沢山いれてたんですが

「生姜だけの方が美味しい」と思ったので生姜だけです。

チーズ6






●amebloはコチラ
facebook

●google+はコチラ
twitter